首のイボは化粧品でケア可能【お手入れのコツを公開】

レディー

根気よくケアを続けよう

婦人

タイプに合ったケアをする

お肌の悩みで多いと言われているのが、ニキビ跡に関することです。一言でニキビ跡といってもいくつかタイプがあり、タイプによって治療方法やケア方法が異なります。そのため、ニキビ跡を改善するためにケアを始めたい場合は、自分のニキビ跡のタイプをしっかり把握することが大切です。そして、ニキビ跡のタイプに合った化粧品を用いて、毎日コツコツとケアを続けていきましょう。まず、赤みや色素沈着が残っているタイプです。このタイプはお肌のターンオーバーを促すことと、しっかり保湿を続けることが大切です。酵素洗顔料やAHA配合の拭き取り化粧水で古い角質を取り除き、保湿をしてお肌のターンオーバーを正常にすることで、ニキビ跡が治りやすくなると言われています。また、気になる箇所に部分的にビタミンC誘導体が配合された美容液を使うのも、赤みや色素沈着が気になるニキビ跡に効果的です。凸凹としたクレーター状のニキビ跡は、お肌のターンオーバーを促すために、ピーリング石鹸やAHA配合の拭き取り化粧水でケアした後で、レチノールやコラーゲンが含まれている美容液やクリームを使ってケアしてみましょう。レチノールというのはビタミンAの一種で、お肌のターンオーバーを促す働きがあると言われています。凸凹としたクレーター状のニキビ跡を化粧品で治したいと考えているときは、高濃度のレチノールが配合された化粧品を使って、あきらめずに根気よくケアを続けるとよいでしょう。ちなみに、ビタミンC誘導体やプラセンタなど、お肌のコラーゲンを増やす働きがある美容成分が配合された化粧品を併せて使うことで、より効果が実感できると言われています。

Copyright © 2017 首のイボは化粧品でケア可能【お手入れのコツを公開】 All Rights Reserved.